お茶が高血圧に効く

お茶が高血圧を下げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近健康ブームでお茶に注目が集まっています。色んなお茶が販売されていますが、その中でも高血圧にいいのは緑茶です。緑茶に豊富に含まれるカテキンが、降圧剤と似たような効果を発揮します。もっともお茶だけでは高血圧は治りません。生活習慣の改善は不可欠です。

高血圧に良いのは緑茶


高血圧の原因は詳しくは分かっていません。しかし最近、ある血圧を上昇させる働きのある酵素の作用が関係あるということが分かってきました。レニンという名前の酵素です。このレニンの働きをブロックすることで血圧上昇を防ぎ血圧を下げることができます。

実は近年お茶の中に含まれるカテキンが、レニンの働きをに鈍らせる効力があるということが分かってきました。カテキンは、お茶の中に含まれる「渋み」の成分です。お茶と言っても様々な種類があります。ウーロン茶と紅茶、緑茶はすべて同じお茶の木葉を原料としています。

ウーロン茶・紅茶は製造の段階で、茶葉を発酵させるためカテキンが変質してしまいます。代表的なお茶の中で、カテキンをそのまま含んでいるのは緑茶だけなのです。後に説明しますが、他にも高血圧に効くお茶はたくさんあります。

しかし、一番私たちにとって身近で手軽なのは、やはり緑茶でしょう。毎日摂取するのも簡単ですし、どこでも入手できます。日本食とも合います。高血圧対策に一番いいお茶は、緑茶です。

他にも高血圧によいお茶はある


緑茶の他にも、高血圧に効くとされるお茶はたくさんあります。

<そば茶>

香ばしくてすっきりとしているのが特徴のそば茶。人によって、匂いが苦手な人もいるかもしれません。が、栄養を豊富に含んでおり、血圧を抑えるルチンも含んでいます。

<杜仲茶>

漢方茶として有名なお茶です。動物実験や臨床などで血圧を下げる効果が実証されています。最近は入手しやすくなってきました。西洋医学が苦手な人でも、漢方なら安心できるかもしれません。

<ドクダミ茶>

昔から愛されてきた野草で作ったお茶です。ドクダミは身体の中の余計な物を排出させ、血圧を下げると言われています。他にも健康茶・漢方茶という名目で多くのお茶が売られています。そこまで高価なものではありませんし、いろいろな種類を試してみるといいでしょう。ジュースや炭酸飲料を飲むよりも、断然健康的です。

<水素水>

水素水はお茶ではありませんが、血圧を下げる効果が期待できます。体内に侵入した水素は、様々な病気の原因となる悪玉活性酸素を除去してくれますが、これにより血管年齢が若返り、血流がスムーズになります。尚、水素水には、血圧を下げる以外にもさまざまな健康効果がありますが、詳しくは水素水まるわかりを参照ください。

お茶だけで高血圧が治るか


お茶で血圧が下がるなら、薬を飲まなくても大丈夫?治療はいらない?と考える人がいるようです。しかし、これは間違いです。血圧が非常に高い人は、薬に頼らないと危険な状態になってしまいます。また投薬治療をしている場合であっても、生活習慣の改善は必須です。

お茶で血圧が下がったとしても、一時的なものです。根本的に治療するなら、生活習慣を改めて原因をなくしていかなければなりません。薬・お茶・生活習慣の改善、これらのものを適性に組み合わせて治療していくことが重要です。

高血圧に一番いいお茶は緑茶です。他にも血圧を下げる力を持ったお茶はたくさんあります。お茶を上手に飲みながら、生活習慣を改善していくことが大切です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加