ストレスで血圧が上がる

ストレスは高血圧の大敵

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスは高血圧をさらに悪化させてしまう要因として知られています。怒りや不安が解消されないとストレスが溜まってしまいます。ストレスを溜めにくくするとともに、気晴らしを適宜行うようにしましょう。

どうしてストレスが血圧を上げるのか?


どうしてストレスが溜まると、血圧が上がるのでしょうか?ストレスは、怒りや不安を感じたときに発生します。動物は怒りや不安を感じると、戦闘態勢に入ります。ケンカする直前のネコや犬の様子を思い浮かべるといいでしょう。

すぐに相手に襲い掛かったり逃げたりできるように、交感神経を活性化させます。アドレナリンなどの興奮物質が出て、心拍が増加して、血圧が上昇するわけです。この一連の作用は、生き物が自然の中で生き延びていくために必要なものです。

人間も動物ですから、怒りや不安に対してこのような反応を起こします。しかし、人間は自然界ではなく、独自の体系を持った「社会」を形成しています。この社会の中では、闘ったり逃げたりという行動を起こすことができません。

興奮状態は治まることがなく、血圧も高いまま維持されてしまうのです。本来は防衛のための反応だったのに、人間社会では大きなデメリットにしかならないのです。

ストレスを溜めにくくするために


ストレスに対する血圧上昇は、本能のようなものですから抑えることはできません。しかし、ストレスを溜めにくくしたり、解消することはできます。

まずは、ストレスを感じにくくするような心を持つようにしましょう。

  • 人の言うことを一々気にしない
  • 不安を感じないように、具体的に具体的に考える
  • 自分に自信を持つ

など、心構え一つでストレスの溜まり方が全く異なってきます。

とは言っても個々人の性格によって、ストレスへの対処は異なってきます。自分の性格を知り、どのようにすればストレスが溜まらないのかを考えてみるといいでしょう。

ストレスを解消するために


どのような心構えを持ったとしても、どんな性格の持ち主であったとしてもやはりストレスは溜まってしまいます。現代の社会は「ストレス社会」とも言われていますから、これはしょうがないでしょう。

蓄積されてしまったストレスは、解消すればいいだけのことです。ストレス解消の基本は、リラックスすることです。どのような方法がいいのかは人それぞれですが、以下のようなものが典型的です。

  • 温泉、お風呂でゆっくり休む(長時間・高温のお湯に入ると血圧が上昇してしまいます。半身浴をしましょう。)
  • 趣味に時間を使う
  • マッサージなど
  • アロマなど香りを楽しむ
  • 仲の良い友人と雑談を交わす

溜まってしまった怒り・恐怖・不安などを処理するようにしましょう。思い出さないようにするというのも一つの方法ですが、愚痴を言ってスッキリするのもいい方法です。

ストレスは生き物である以上当然溜まってしまうものです。高血圧を悪化させる原因となりますので、きちんと対処しなければなりません。これと上手に付き合っていくのが、現代の処世術です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加