カリウムで高血圧を改善

カリウムが高血圧に効く

このエントリーをはてなブックマークに追加

カリウムは血圧を抑制する効果があります。高血圧で悩んでいる方は、積極的にカリウムを摂取するようにしましょう。

カリウムとは?


カリウムはミネラルの一種です。人間が活動していくためには、さまざまなミネラルが必要となります。カリウムはそのような必須ミネラルのひとつなのです。カリウムは、ナトリウムとバランスを取ることで血圧を調整する働きをもっています。

ナトリウムは血圧を上げる作用があります。ですからナトリウムを含有する食塩の取りすぎは、高血圧によくないんですね。カリウムは、ナトリウムと逆で血圧を下げる役割を果たしています。これが不足してしまうと、ナトリウムの働きの方が優位に立ってしまい、血圧が上昇してしまいます。

カリウムが不足してしまうと、心臓病にかかってしまうという研究結果もあります。カリウムを摂取することで、高血圧・脳卒中を防ぐことができます。その他、ストレス解消効果やダイエット効果もあることが知られています。

カリウムの過剰摂取は危ない


いくら高血圧によいといっても、取りすぎは身体に毒です。通常、余分なカリウムは尿となって体外に排出されます。出し切れないほどのカリウムを摂取してしまうと、腎炎や尿毒症に繋がってしまいます。

何事も適量を守ることが大事なのです。とはいっても、通常の生活を送っていると過剰に摂取しすぎることはありません。高血圧患者の方は、少し多めにとる様に心がけるといいでしょう。

取りすぎはよくないというのは、サプリメントを大量に飲むなど大げさなことをしてはいけないという意味です。成人に必要な1日のカリウムの量は「2000mg」。これを覚えておくようにしましょう。

カリウムを摂取するために


カリウムを摂るためには、どうしたらいいでしょうか。一番簡単なのがサプリメントに頼ることです。最近では、コンビニエンスストアやドラッグストアで安価なマルチミネラルサプリメントが陳列されています。料理をするのが苦手で…という方には、サプリメントが一番でしょう。

できれば食事の中でバランスを考えて、カリウムを摂取していくようにするのが好ましいです。食事に気をつかうのは、高血圧治療の基本です。塩分の量を減らし、カリウムを増やすようなメニューを考えるといいでしょう。

カリウムは、色んな食品に含まれています。特に、野菜や果物などに多く含まれています。野菜や果物は、高血圧治療のためにも重要ですね。毎日何かしらの野菜・果物を摂取するように心がけましょう。

カリウムを特に多く含有しているのは、以下のような食品です。

  • アーモンドやピスタチオなどのナッツ類
  • チョコレート
  • 粉ミルク
  • たけのこ
  • ヌカ

これらの食品を、意識して摂るようにしましょう。

カリウムは、生きていくために必ず必要なミネラルの一種です。ナトリウムと対になって、血圧を下げる役割を果たしています。高血圧患者はカリウムを積極的に摂取していくようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加