高血圧が原因で腎硬化症と腎不全になる

高血圧が腎硬化症と腎不全を引き起こす

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の合併症の中で、生活の制限が大きくかかってくる重大な病気が腎不全です。腎不全が進行してしまうと、透析を続けなければなりません。高血圧によって腎硬化症が起こり、腎不全になってしまうのです。

腎臓って何をしているの?


腎臓病について知るためには、まず腎臓の役割について知っておく必要があります。腎臓の機能は以下のようなものです。

体液のバランス調整

腎臓の最大の役割は、体内の液体の成分バランスを調整することにあります。体液には、様々な物質が含まれています。これらの配合の均衡が崩れてしまうと、生体は活動をしていくことができなくなってしまいます。腎臓は、この体液バランスを巧妙にコントロールしている重要な臓器です。

腎臓による調整の方法はいくつかありますが、代表的なものは尿の生産です。エネルギーとして摂取されなかった残りカス(老廃物)を、「尿毒素」と呼んでいます。これを尿と一緒に体外に排泄する役割を担っているわけです。また身体の中の水分が多いときには、尿の量を増やし水分量の調整をしています。

ホルモンを分泌する

この他、腎臓は各種のホルモンを分泌しています。血圧を調整するためのホルモンなども出していますので、高血圧との関係でも重要な臓器と言うことができます。

腎硬化症・腎不全と高血圧


高血圧になってしまうと、血管に極度の負荷がかかり続けてしまいます。これにより血管が傷んでしまい硬くなってしまいます。この状態を「動脈硬化」と呼びます。動脈硬化が腎臓で起きてしまうと、腎臓は壊死して硬く小さくなっていきます。

この状態を「腎硬化症」と呼びます。「腎臓での動脈硬化=腎硬化症」という図式です。腎臓が壊死するというと、非常に怖いように感じますが多くは徐々に腎機能が低下していく「良性腎硬化症」と呼ばれるものです。

高血圧を治療することにより、機能低下の拡大を防ぐことができます。良性の腎硬化症は自覚症状がないことが多いので、定期診断が重要です。急激に高血圧が悪化することにより全身に症状が出てしまうのが、「悪性腎硬化症」という病気です。これは迅速に治療を受けないと、命にもかかわってきます。

腎硬化症が進むと、腎臓の機能が低下していきます。70%以上の腎機能が失われた状態を「腎不全」と呼んでいます。腎臓の「尿の排出」という機能が低下することで、尿毒素が体中に溜まってきます。むくんだり、だるかったり、息切れを起こしたりという症状がでます。「尿毒症」という症状です。

この症状が出てしまうと、人工透析という療法を受けないと生活できません。機械によって尿毒素を取り除くのです。尿毒素は常に溜まり続けますので、定期的に透析を受けないといけません。一生透析を続けなくてはいけないのです。

透析をやめるためには、腎臓移植が必要です。腎臓は非常に重要な臓器です。高血圧を放っておくと、腎硬化症により腎不全が起こり透析漬けの生活をやむなくされます。早い段階での高血圧改善が望ましいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加