飲酒(アルコール)は高血圧に悪影響

飲酒(アルコール)で高血圧は悪化する

このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲み過ぎると高血圧をさらに悪化させてしまいます。もっとも、適度な飲酒は健康にいい面もあります。適量を守ってお酒を楽しむことが大事です。

飲酒と高血圧


飲みすぎは高血圧の原因になることが知られています。が、そのメカニズムの詳細ははっきりしていません。アルコールが体内から抜けると、血管が収縮します。これによって血圧が上昇してしまいます。

これを何度も繰り返すことで、高血圧が慢性化してしまうのではないかと考えられています。他には、血圧を上昇させるホルモンの分泌を促進してしまったり、血圧を下げる作用のあるミネラルを消費してしまうなどのメカニズムが報告されています。とにかく、飲みすぎは高血圧の元になってしまいます。

適量のお酒は身体にいい


ところでお酒は百薬の長という言葉があるのをご存知でしょうか。適度なお酒は、非常に健康にいいということが分かっています。先ほど説明したことと矛盾するように思った人もいるかもしれません。しかし、高血圧の原因となるのは「お酒の飲みすぎ」です。

適量なお酒はむしろ身体にいいんです。血圧に関しても、少量のアルコールは血流を良くして血圧を下げる作用があります。動脈硬化を遅らせる効果も持っている、という研究結果もあります。

では、適量のお酒とはどれくらいなんでしょうか。適量とされているアルコールの量は、1日30ml以下です。これは1アルコール単位と呼ばれている量です。

  • 日本酒:1合(180ml)
  • ビール:大瓶1本(633ml)
  • 焼酎:0.6号(110ml)
  • ワイン:1/3本(240ml)
  • ウィスキー:ダブル1杯(60ml)

こんなに覚えきれない!という人は、日本酒(アルコール度数15%)が1合(180ml)分ということだけ覚えておくといいでしょう。あとは、アルコール度数さえ分かれば計算をすることができます。1単位は少ない?研究結果によっては、2単位までは問題ないという報告もあるようです。

多くても2単位以内に済ませるようにするといいでしょう。この量はほろ酔いになるくらいの量です。これを越すと、ふらついたり吐き気が出てきたりしてしまいます。

楽しくお酒を飲むためにも、適量のお酒で我慢するようにしましょう。ちなみに、アルコールの分解能力は体重と比例します。身体が小さい女性の場合には、適量がより少なくなるので注意が必要です。

すでに高血圧と診断されている場合の注意


既に高血圧と言われている場合の飲酒は要注意です。合併症がすでに出ている場合には、完全に断酒しなければならない場合もあります。お酒を飲む場合には、必ずかかりつけの医者に相談しましょう。

この時に、具体的にどれくらいの頻度・どれくらいの量まで問題ないのか、ということを確認しておくことが重要です。お酒は高血圧の原因になると言われていますが、適度な飲酒習慣を続けると健康になります。適度に楽しく飲むことを心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加