食事による高血圧治療について

食事による高血圧治療は必須

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧を治療するためには、生活習慣を改善しないといけません。中でも、食事はもっとも重要な要素です。塩分を控え、カリウムを含む食品を多く摂取するようにしましょう。

高血圧の食事療法は減塩から


すでに有名な話ですが、高血圧を治療するためには減塩した食生活を送るのが一番です。食塩は塩化ナトリウムという別名を持っています。ナトリウムは、血圧を上げる作用を持っているミネラルです。生きていくためには必要な栄養素なのですが、過剰に摂取すると高血圧の原因となってしまいます。

我が国では塩を利用した食べ物が多いことで知られています。漬け物・ラーメン・みそ・しょうゆなどはすべて多量の塩分を含んでします。このため、塩分を摂りすぎている人が多く、高血圧は今や日本の国民病ともいえる状況になっているのです。

高血圧治療の治療というと、降圧剤で血圧を下げるという方法が代表的です。しかし、この治療法は薬で一時的に血圧をさげるだけで、根本的な治療にはなりません。投薬と並行して、運動・食事などの生活習慣を見直していくことが重要です。

生活習慣で一番改善の余地がある部分が食事です。

  • 食べ過ぎない
  • 脂っこいものをひかえる
  • 栄養をバランスよくとる

など、食事療法にはいろいろなものがあります。

高血圧の食事療法で、一番効果的なのは「減塩」です。料理は得意じゃないから…という人は、塩分を控えることからスタートしましょう。

減塩ってどうやるの?


日本人は1日あたり平均11〜12gほどの食塩を摂取しています。健康的に過ごすためには、1日の摂取量を10g以下にしなければいけません。高血圧を治療するためには、1日6g以下にまで減らす必要があります。血圧を下げるためには、今までの半分以下にまで塩分を減らさないといけないのです。

濃い味が好きな人にはつらいかもしれません。具体的にどのように実践していけばいいのでしょうか。まずは、塩分を大量に使用しているか加工食品・外食を控えることから始めましょう。加工食品は、「おいしい」と感じさせるために大量の食塩を使っています。

インスタントラーメンなんかは塩の塊だといってもいいくらいです。同様に外食も、塩を大量に使っています。自炊すればお金も節約できますから、これを機会に料理を趣味にしてみてはいかがでしょうか。

最近では減塩をセールスポイントにした味噌や醤油が売られています。使用する調味料は、このようなものの中から選ぶようにするといいでしょう。香辛料は塩分を含んでいませんので、積極的に活用していくといいでしょう。

また、カリウムを多めに摂って血圧を下げるように努めるのも大事です。カリウムは、ナトリウムと逆の作用を持っています。詳しくは、『カリウムを積極的に摂取しよう』で説明しています。

高血圧の生活習慣改善の第一歩は減塩から!なかなかツラい減塩生活ですが、慣れると高血圧以外の病気も予防できます。1日6g未満になるように努力しましょう。

PS.血圧を下げる食品として、にんにくが注目されています。にんにの健康効果については、にんにくまるわかりを参照ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加