高血圧の原因について

高血圧の原因はたくさんある

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧には様々な原因があります。高血圧患者のうち9割以上は、様々な要素が原因となっている本態性高血圧です。(以下、このページでは単に高血圧といった場合、本態性高血圧を指します)具体的な原因としては、遺伝や生活習慣などがあります。遺伝も大きな影響を与えるのですが、一番は生活習慣を正すことです。

高血圧の原因


高血圧の原因には、内的要因(遺伝)と外的要因(生活習慣)があると言われています。親が高血圧だからといって、その子供が必ず高血圧になるとは限りません。遺伝子を持っていても、生活を正すことで予防をすることもできます。高血圧は、様々な要素が複雑に絡み合って起こっているのです。

<高血圧の主要な原因>

  • 遺伝
  • 塩分の取り過ぎ(食生活)
  • 運動不足
  • 肥満
  • 血管の老化(注1)
  • ストレス
  • タバコ
  • アルコール
  • 特定の疾患などの原因(注2)

(注1):加齢による高血圧は「収縮期高血圧」と呼ばれています。詳しくは、『高血圧と年齢の関係』のページをご覧ください。
(注2):特定の原因が明らかになっているものは、「2次性高血圧」と言われています。詳しくは、『高血圧の種類』のページをご覧ください。

高血圧の遺伝


高血圧は、遺伝が関係するということが明らかになっています。

  • 1.両親ともに高血圧を持っていない⇒子供が高血圧になる確率:5%
  • 2.片親だけが高血圧を持っている⇒子どもが高血圧になる確率:25〜30%
  • 3.両親ともに高血圧を持っている⇒子どもが高血圧になる確率:50〜60%

どうでしょうか?かなり遺伝の影響があることが分かるはずです。ここで注意してほしいのは、「高血圧が遺伝する」わけではないということです。「高血圧になりやすい」という体質が遺伝するのです。

ですから、両親ともに高血圧を持っていたとしても、嘆くことはありません。生活習慣に気をつけるだけでも、高血圧を回避することは十分に可能です。

大事なのは…

  • 自分が遺伝子を持っているかどうかということ
  • どのようにして高血圧を回避していくのかということ

の2点です。

高血圧と生活習慣


高血圧は、様々な生活習慣が原因で発症してしまいます。生活習慣病・メタボリック症候群としても有名ですよね。色んな原因があるのなら、対策をするのが難しそう?そんなことはありません。

一般に「身体によい」と認知されていることを実践していけばいいのです。一番大事なのは、塩分を摂り過ぎないようにすることです。塩分と高血圧には密接な関連があります。食塩の摂取量が1日6g以下になるように工夫しましょう。

あとは、

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動をする
  • 肥満を解消する
  • 飲酒は適量に
  • タバコは控える

ということを守ればいいのです。

どうでしょうか?ほとんどが高血圧独特の対策ではありませんよね。このように全体的な生活習慣を改善することで、他の生活習慣病も防ぐことができます。

高血圧には、遺伝のほか様々な原因があると言われています。遺伝だからしょうがないとあきらめるのではなく、遺伝子を持っているからこそ生活習慣を正していくことが大切なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加