高血圧の人は入浴時に注意が必要

高血圧の人は入浴時が危険

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の患者さんは、お風呂に入る際にも注意しないといけません。入浴前後に倒れてしまい死亡するケースが非常に多いのです。安心して入浴できるような環境を整えることが重要です。

どうしてお風呂が危険なのか?


高血圧患者が一番気を付けなければならないのは、入浴でしょう。お風呂場での事故の半分近くは、心筋梗塞。高血圧の方が倒れやすい場所だということです。どうして入浴は危険なのでしょうか?その理由をいくつか説明いたしましょう。

リビング、脱衣所、浴場とそれぞれの温度が異なる

これが最大の理由です。高血圧の方は、急激な温度変化は避けなければいけません。特に冬場、温まったリビングから脱衣所に行き、服を脱ぐと急激に体感温度が下がります。この時鳥肌が立ちますよね。寒いときに鳥肌が立つのは、体温を下げないための生理反応です。

鳥肌が立っているときには、血管も収縮して熱の発散を抑えようとします。このため、血圧も上がってしまうのです。その後、浴場に入りお湯をかぶると血圧が急激に下がります。このように温度変化と血圧変動が繰り返すので、心筋梗塞などを発症してしまうリスクが高いわけです。

熱めのお湯と全身浴が好きな方が多い

日本人は、熱いお湯に肩まで浸かるという入浴方法を好みます。しかしこの入浴方法は、心臓への負荷が非常に大きく高血圧持ちの方がやってしまうと危険です。

水分が不足する

入浴をすると体中から汗をかきます。気づかないだけで、200〜500mlもの汗かいているのです。身体から水分が失われると、血液はどろどろしてしまいます。

さらに温まったことによって、血管が収縮して血流がゆっくりになっています。この状態は血管が非常に詰まりやすいのです。心臓の血管が詰まったら心筋梗塞、脳の血管が詰まったら脳梗塞となってしまいます。

安心して入浴するために


高血圧の方が安心して入浴するためには、まず冬の脱衣所を暖かくする必要があります。最近では、浴室に暖房がつけるようなリフォームをすることもできますし、小型のヒーターなども充実しています。裸になった際の寒暖差を最小にするように努めましょう。

お湯に浸かる場合の温度の変化も少なくする必要があります。お風呂に入る前に掛け湯をするのは、大衆浴場ではマナーです。自宅でも掛け湯をやっているでしょうか?掛け湯を体の端から順にしていくことで、急激な温度の変動を避けることができます。

そして、全身浴は避けて肋骨の辺りまで浸かる半身浴に努めましょう。お湯の温度は38度前後のぬるめに設定するようにします。また、入浴の前後にはコップ1杯のお水を飲むようにしましょう。

ところで公衆浴場では、サウナや水風呂があります。高血圧患者の方は、これらを絶対に使用しないようにしましょう。急激に血圧が上昇してしまい、非常に危険です。

高血圧の方は、入浴にしっかりと気を付ける必要があります。リスクを最小化するために、適切な入浴方法を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加